沿革

1963年03月
「同友自工株式会社」を設立。
1968年06月
東京都日本橋に、自動洗浄機、自動車整備用機械器具製造販売を目的として、「三協自工株式会社」を設立。
1974年08月
事業拡充のため、千葉市に本社を移転、各種自動車整備用機械器具の開発に取り組み、本格的製造販売を開始。
1978年09月
「リールの三協」の出発点となったエアーホースリール、ライトリールの製造販売を開始。
1983年12月
隣接地を購入し、新社屋を建設。
1987年08月
新社屋の建設と、工場・倉庫を増設。
1988年09月
医療用具製造業許可取得、医療用具の製造販売を開始。
1989年10月
トレーニングセンター及びトレーニングルーム、事務所棟(現事務所)など新社屋を建設。
1989年11月
ヨーロッパ最大の車検メーカー、ドイツ・「MAHA」社と自動車用テスター機器の日本国内代理店販売契約を締結、販売開始。
1989年12月
アメリカ「SUN」社と自動車整備診断機器の代理店販売契約を締結。
1994年08月
自動車補修用塗装設備の製造販売開始。
1997年02月
SANKYO REELS,INC.を米国アリゾナ州に設立、米国でのリールの製造・販売を開始。
1999年06月
三協自工株式会社を「株式会社三協リール」に社名変更。
2000年09月
「三協株式会社」を設立。分社化により、「株式会社三協ブース」を設立、自動車補修用塗装設備の製造販売を移行。
2000年11月
中国・中大工業集団公司との合弁会社「株式会社オーセン」を設立。
2002年10月
ISO9001認証取得。
2003年03月
中国・中大工業集団公司との合弁会社「塩城中大三協汽車装備有限公司」を設立。
2003年06月
三木健太郎 社長就任。
2003年09月
三協グループ流通センターを建設。
2004年03月
中国・塩城中大三協汽車装備有限公司にてタイヤチェンジャー事業を開始。STORMブランドを立ち上げ。
2004年06月
確定拠出年金(日本版401K)を導入。
2005年10月
中国・塩城中大三協汽車装備有限公司、上海事務所を開設。
2005年12月
ISO14000認証取得。
2006年11月
中国・中大工業集団公司との合弁会社「江蘇中大三協汽車装備有限公司」を設立。同時に新社屋および新工場を建設。
2007年06月
新コーポレートブランド「TRIENS(トライアンス)」を立ち上げ。
2007年06月
ベルギーに現地法人「PHACO」を設立。
2007年06月
私募債を発行。
2008年02月
中大工業集団公司との合弁会社「塩城奥申汽車装備有限公司」(中国オーセン)を設立。
2009年12月
ベルギーにヨーロッパ・中東・アフリカ向けの活動拠点となる「TRIENS EMEA(トライアンス イーエムイーエー)」を設立。
2011年07月
「SANKYO REELS,INC USA」を「TRIENS AMERICA,INC」に改称。
2012年11月
中国「江蘇中大三協汽車装備有限公司」の第二工場を増設。
2013年10月
中国「江蘇中大三協汽車装備有限公司」と「塩城中大三協汽車装備有限公司」「塩城奥甲汽車装備有限公司」が統合。
2014年02月
(株)三協リールが一般消費者市場向け生活雑貨ブランド「soraca(ソラカ)」を立ち上げ。
2014年03月
(株)三協リールがタイ・バンコクに駐在員事務所を開設。
2015年01月
(株)三協リールに(株)三協ブースが統合。

ページの先頭へ